青森

アトピー性皮膚炎を克服出来るようになったキッカケ

私がアトピー性を発症してから7年経過したある日のことですが、私は通院していた皮膚科の先生から、こんな宣告を受けました。

「あなたのアトピーは一生治りませんから、薬とうまくつき合って、アトピーをコントロールしていくことを考えてください。」

最初は、軽い湿疹程度で、皮膚科で薬をもらえばすぐに治ると思っていましたので、まさか自分が、その薬を手放せない身体になって、こんな宣告を受けることになるとは夢にも思っていませんでした。

一般的な皮膚科での治療は、主にステロイドによる薬物療法が中心となりますが、日本皮膚科学会のガイドラインにも示されているように、なかなかアトピーを完治させうる治療法が無く、対症療法を根気良く続けていくしか無いのが現状です。

以下、日本皮膚科学会のガイドラインからの引用

『アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり疾患そのものを完治させうる薬物療法はない。よって対症療法を行うことが原則となる。』

私も実際に皮膚科に通うようになってからは、薬を塗ったときは良いのですが、薬を塗らなくなるとすぐに悪化するということを繰り返していました。

皮膚科での治療に、うすうす限界を感じてはいましたが、先生から言われたこの一言によって、まるで末期ガンの宣告でも受けたかのような絶望的な気持ちになってしまいました。

その後、たった一冊の本との出合いがキッカケで、この地獄のようなアトピーを見事に克服出来るとは思ってもいなかったのです。

青森
アトピー性皮膚炎|私の治療体験

長年アトピー性皮膚炎で苦しみ続けた著者が、あることをキッカケに、わずか数ヶ月でアトピー性皮膚炎を解決することが出来た体験を1冊の本にまとめました。

毎日のようにステロイドを塗り続けて、どんどん深みに嵌まっていく恐怖に怯えていた方や、

生まれたばかりの赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になり、どうして良いかわからずに、右往左往していたお母さんたちが、

その本の内容を実践してアトピー性皮膚炎が快方に向かっていく体験談を、その経過写真と共に公開しています。

多数の体験談の仲には、今現在、アトピー性皮膚炎で苦しんでいるあなたと同じような例もあると思います。

まずは、多くの方の、アトピー性皮膚炎が解決に向かった体験談と、その経過写真を、是非ご覧ください。

アトピー性皮膚炎RSS情報一覧

大切なものは近くにある?! ビワ編
... ほかにも「利尿、肩こり改善、美肌効果、アトピー性皮膚炎の予防」なんていうものまである。 なかでも注目すべきはビワのもつ「ガン抑制作用」だろう。 同じサイトには、ビワに含まれているアミグダリンという成分が「アメリカをはじめとする世界20カ国以上で ...
今夜開幕!
... 疱疹・前立腺肥大・不妊症・めまい・冷え性・ 高脂血症・慢性頭痛・頻尿・尿失禁・膀胱炎・肩こり・胃炎・便秘・ アトピー性皮膚炎・湿疹・蕁麻疹・皮膚病・慢性気管支炎・ぜんそく・花粉症・ 眼痛・脳循環不良・不眠・糖尿病・肝臓障害・高血圧・リウマチ ...
東洋経済にアレ記事
... 別の疾患ととらえる医師が大半 ・これまでは食物アレルギーが原因でアトピー性皮膚炎の症状が出ていると考えられてきたが、最近有力な仮説は、アトピー性皮膚炎が食物アレルギーの原因になることもあるという説 ・抗体の有無だけを調べれば良いのではなく ...
科学技術の未来予測
... 周回軌道の宇宙観光旅行 32 さまざまな組織になる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生治療 33 アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を完全に治す治療法 34 深海に分布するメタンハイドレートの経済的な生産技術 37 ...
「無農薬野菜」は本当に安全か?
... 最近の研究では寄生虫のおかげで花粉症や アトピー性皮膚炎の治療に効果が見込める との発表まであります。 自然界とは良くできたもので、野菜が 病害虫から身を守る為に、農薬状物質を 分泌して自分を守るという事です。 ...
午後の予定クリア!
... 学校から 『アトピー性皮膚炎の疑いあり』 と、 受診用紙を貰ってきちゃったんだもん。 (6月9日付ブログ参照) 以前からアトピーで通院しているのに、 わざわざ医師の承諾書がないとプールに入れないって ちょっとめんどくさいよね・・・。 ...
今後30年間の歯科の技術発展は
... 「アトピー性皮膚炎の根治」は、5年前の調査より6年遅い33年と予測された。 調査は約5年ごとに行っており、今回が9回目。調査から20年以上が過ぎた1†5回目の予測を検証したところ、「ヒトの遺伝情報の解読」など ...
収斂剤
... ■ 肌と身体 ┣ アトピー性皮膚炎 ┣ アレルギーマーチ ┣ 肌の仕組みと機能 ┣ 肌のターンオーバー ┣ 乾燥肌のニキビ ┣ 冷え性 ┗ シワ、シミ予防 ■ 肌の悩み ┣ 敏感肌 ┣ 乾燥肌 ┣ 硬化肌 ┣ 肌荒れ ┣ しみ ┣ シワ ┣ くすみ ┣ 色素沈着 ┣ 黒皮症 ...
ステロイドに関する誤解と正論?
... ステロイド外用剤|アトピー性皮膚炎の薬 怖いイメージは誤解 6月9日8時17分配信 毎日新聞 ◇症状に応じ 強さ、期間調節 高い効果、指示守って アトピー性皮膚炎 の治療に使われるステロイド外用剤。 いまなお「怖い薬」とのイメージが強い。 ...
気象病という病気について
... 例えば、アレルギーなら喘息や アトピー性皮膚炎 、さらに胃腸病など内臓系に、腰痛など。 生活習慣病が気になる人は ... ■ 肌と身体 ┣ アトピー性皮膚炎 ┣ アレルギーマーチ ┣ 肌の仕組みと機能 ┣ 肌のターンオーバー ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119