鹿児島

アトピー性皮膚炎を克服出来るようになったキッカケ

私がアトピー性を発症してから7年経過したある日のことですが、私は通院していた皮膚科の先生から、こんな宣告を受けました。

「あなたのアトピーは一生治りませんから、薬とうまくつき合って、アトピーをコントロールしていくことを考えてください。」

最初は、軽い湿疹程度で、皮膚科で薬をもらえばすぐに治ると思っていましたので、まさか自分が、その薬を手放せない身体になって、こんな宣告を受けることになるとは夢にも思っていませんでした。

一般的な皮膚科での治療は、主にステロイドによる薬物療法が中心となりますが、日本皮膚科学会のガイドラインにも示されているように、なかなかアトピーを完治させうる治療法が無く、対症療法を根気良く続けていくしか無いのが現状です。

以下、日本皮膚科学会のガイドラインからの引用

『アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり疾患そのものを完治させうる薬物療法はない。よって対症療法を行うことが原則となる。』

私も実際に皮膚科に通うようになってからは、薬を塗ったときは良いのですが、薬を塗らなくなるとすぐに悪化するということを繰り返していました。

皮膚科での治療に、うすうす限界を感じてはいましたが、先生から言われたこの一言によって、まるで末期ガンの宣告でも受けたかのような絶望的な気持ちになってしまいました。

その後、たった一冊の本との出合いがキッカケで、この地獄のようなアトピーを見事に克服出来るとは思ってもいなかったのです。

鹿児島
アトピー性皮膚炎|私の治療体験

長年アトピー性皮膚炎で苦しみ続けた著者が、あることをキッカケに、わずか数ヶ月でアトピー性皮膚炎を解決することが出来た体験を1冊の本にまとめました。

毎日のようにステロイドを塗り続けて、どんどん深みに嵌まっていく恐怖に怯えていた方や、

生まれたばかりの赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になり、どうして良いかわからずに、右往左往していたお母さんたちが、

その本の内容を実践してアトピー性皮膚炎が快方に向かっていく体験談を、その経過写真と共に公開しています。

多数の体験談の仲には、今現在、アトピー性皮膚炎で苦しんでいるあなたと同じような例もあると思います。

まずは、多くの方の、アトピー性皮膚炎が解決に向かった体験談と、その経過写真を、是非ご覧ください。

アトピー性皮膚炎RSS情報一覧

☆SABON。
お友達のお勧めで “SABON” From イスラエル☆ ↑ボディスクラブ。 アトピー性皮膚炎なので不安でしたが、 大丈夫でした。 オーガニック系・アロマ系etc・・ 一体どこまで進むのでしょうか? (≧▽≦) 今まで知らなかっただけで ...
ナチュラル・ソープ
... 考えてみれば、これらの科学合成製品が出来る以前「昭和前期」に花粉症やアトピー性皮膚炎なんて、現在みたいに蔓延していましたか?! アレルギーのお婆ちゃんって、居なかったでしょ?! ごく一部の繊細で ...
「だから」の読後感
... 妻と子供もそのせいか花粉症、ハウスダストアレルギー、アトピー性皮膚炎などに悩まされていたので、住宅を建てるにあたっては、自分なりにかなり勉強しました。 その時に出合ったのが、お父上が書かれた【「いい家」が欲しい。】でした。 ...
◆薬に頼らず脱ステロイドしてアトピー性皮膚炎を治す方法
こんにちは† 今日はこれです!! 『薬に頼らず脱ステロイドしてアトピー性皮膚炎を治す方法』 無料レポート『薬に頼らず脱ステロイドしてアトピー性皮膚炎を治す方法』には、 こんなことが書いてあります。 ★ステロイドやプロトピックなどの薬に頼らずに ...
しっとり潤いあるお肌になれると良いな!
... アレルギー体質、アトピー性皮膚炎で痒くてたまらなかったおでこ 2月11日 ここまで赤み・痒みが落ち着きました。 6月27日 フェイスDソープ使用前 6月27日 2月11日 きめが整ってきてる・・・気がする! スッピン(〃▽〃) 今年1月から使い始め ...
チャリティ遠隔ヒーリングについて感想をいただきましたので ...
... 海外の旅先で高熱を出した娘が心配なのと、娘は日頃からアトピー性皮膚炎や花粉症など薬を手放せない状態でしたので、喜多さんに遠隔ヒーリングをお願いしました。お陰様で元気で無事に帰国しました。 ...
花粉症には早めの対処
... 頭痛がしたり、微熱や体がだるくなる 目の周りや目の下、首に皮膚炎が出る アトピー性皮膚炎の方はかゆみがひどくなる 睡眠不足、集中力の欠如、イライラ、食欲不振・・・など 様々な二次的な症状があらわれることもあります。 ...
10年のアトピーにアロマ
アトピー性皮膚炎 アレルギー性の慢性掻痒性皮膚疾患 湿疹にはステロイド薬、かゆみには抗ヒスタミン薬を使うようですが この治療方をヒントにアロマで考えると 天然のステロイド薬と言える精油は ペパーミント、 アカマツ・ヨーロッパ ...
[プレスリリース] 慢性腎不全患者は増え続け、2025年には200 ...
... 要点を掲載 【本書掲載の傷病】 I 皮膚及び皮下組織の疾患 1 皮膚及び皮下組織の感染症 2 アトピー性皮膚炎 3 接触皮膚炎 4 その他の皮膚炎及び湿疹 5 乾せん及びその他の丘疹落せつ性障害 6 じんま疹〈蕁麻疹〉 7 爪の障害 8 脱毛症 9 ...
*アクアワールド大洗水族館*
... ギョギョー! こちらは「ガラ・ルファ」という魚でヒトの古くなった角質を食べる習性があり 美肌効果やアトピー性皮膚炎などの皮膚病の治療効果があることで知られています。 実際に、ドイツではこの魚による治療が医療行為として認め ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119