松山

アトピー性皮膚炎を克服出来るようになったキッカケ

私がアトピー性を発症してから7年経過したある日のことですが、私は通院していた皮膚科の先生から、こんな宣告を受けました。

「あなたのアトピーは一生治りませんから、薬とうまくつき合って、アトピーをコントロールしていくことを考えてください。」

最初は、軽い湿疹程度で、皮膚科で薬をもらえばすぐに治ると思っていましたので、まさか自分が、その薬を手放せない身体になって、こんな宣告を受けることになるとは夢にも思っていませんでした。

一般的な皮膚科での治療は、主にステロイドによる薬物療法が中心となりますが、日本皮膚科学会のガイドラインにも示されているように、なかなかアトピーを完治させうる治療法が無く、対症療法を根気良く続けていくしか無いのが現状です。

以下、日本皮膚科学会のガイドラインからの引用

『アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり疾患そのものを完治させうる薬物療法はない。よって対症療法を行うことが原則となる。』

私も実際に皮膚科に通うようになってからは、薬を塗ったときは良いのですが、薬を塗らなくなるとすぐに悪化するということを繰り返していました。

皮膚科での治療に、うすうす限界を感じてはいましたが、先生から言われたこの一言によって、まるで末期ガンの宣告でも受けたかのような絶望的な気持ちになってしまいました。

その後、たった一冊の本との出合いがキッカケで、この地獄のようなアトピーを見事に克服出来るとは思ってもいなかったのです。

松山
アトピー性皮膚炎|私の治療体験

長年アトピー性皮膚炎で苦しみ続けた著者が、あることをキッカケに、わずか数ヶ月でアトピー性皮膚炎を解決することが出来た体験を1冊の本にまとめました。

毎日のようにステロイドを塗り続けて、どんどん深みに嵌まっていく恐怖に怯えていた方や、

生まれたばかりの赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になり、どうして良いかわからずに、右往左往していたお母さんたちが、

その本の内容を実践してアトピー性皮膚炎が快方に向かっていく体験談を、その経過写真と共に公開しています。

多数の体験談の仲には、今現在、アトピー性皮膚炎で苦しんでいるあなたと同じような例もあると思います。

まずは、多くの方の、アトピー性皮膚炎が解決に向かった体験談と、その経過写真を、是非ご覧ください。

アトピー性皮膚炎RSS情報一覧

「孫が自閉症らしい、何をしてあげればいい?」という祖父母 ...
... そういったもののほとんどは、ガンやアトピー性皮膚炎などで良く見られるような「怪しげな療法」です。 もしも、お孫さんの親であるあなたの息子さん・娘さんが、「治る」と称する療法などに熱を上げているとするなら ...
姉弟で病院
... つなビィにも書きましたが、どうやらアトピー性皮膚炎らしいのですが、それが日に日に範囲が広がっていて、お風呂上りの血液循環の良いときなんて、全身ひどくて。。 と言うことをいって太ももや肩や背中を見せました。 ...
ペインクリニックでいろいろな病気を治せます自律神経失調症 ...
... 交感神経に作用して、 頭痛はもちろん自律神経失調症、 花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患など、 さまざまな病気や症状に威力を発揮します。 ... 自律神経失調症・花粉症・アトピー性皮膚炎・頭痛・腰痛・肩こりなど 今までの治療に行き詰まりを感じ ...
LION ナイスリムエッセンス ラクトフェリン+ラブレトライア ...
... 便秘解消、免疫力アップ、ストレス、アトピー性皮膚炎、喘息歯周病、がん性疼痛、がん治療、がん予防、関節炎、ドライアイ、花粉症、うつ病、 などなど。 ラクトフェリンってダイエットやメタボを解消したい人にも効果的 な成分なんだけど ...
『突撃!隣の健康思考列伝』その12 美樹さくら様
... アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・ 小児喘息等、たくさんのアレルギーがあるそうですが そんな息子さんを逞しく育てても見える 肝っ玉母ちゃん(実際に会うとそうは見えませんが)でもあります コミュニケーションのとり方で子供が変わる ...
気管支炎が、また増加
... 中には、マイコプラズマ感染症も混じっていました。 嘔吐下痢症も増加傾向で、中にやや重症で点滴を要する人も出てきました。 花粉症はぐっと減りましたが、じんましん、アトピー性皮膚炎などは減りません。 水ぼうそうの集団発生が認められます。 ...
ミネラルのお話 ★ マグネシウム ★
... 細胞は本来の機能を妨げ られて、神経伝達能力が低下したり、ホルモンの分泌や免疫に異常をきたし、アトピー性皮膚炎や動脈硬 化や癌、循環器疾患等になりやすくなってしまいます。 また、マグネシウムは心臓血管系や脳神経系とも大きく関わっていますし ...
ビートオリゴ。† 確実に大腸まで届くオリゴ糖 †
... その結果 腸内環境の改善、免疫機能強化作用、肝機能強化作用、更にはアトピー性皮膚炎の改善も期待できるそうです。 最初は甘くて美味しいシロップ♪としか認識していなかったのですが、知らないうちに恩恵を受けていたようで、何となしに嬉しいです。 ...
花粉症よ、おさらば !
... 製造者が産学協同で研究した結果で、 〈I型〉は花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎などを指すとか。 数多い健康補助食品とかサプリメントには疑わしいものもあるが、 この研究結果は信頼できそうである。 ...
◆ダイエットに成功する食べ方、失敗する食べ方
... 健康情報宅配便†8† 米編 ⇒ http://www2.sugowaza.jp/reports/get/4397/31188/ ・美と健康情報宅配便†7† アトピー性皮膚炎編 ⇒ http://www2.sugowaza.jp/reports/get/4397/31187/ ・美と健康情報宅配便†6† 骨盤ダイエット編 ⇒ http ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119