松江

アトピー性皮膚炎を克服出来るようになったキッカケ

私がアトピー性を発症してから7年経過したある日のことですが、私は通院していた皮膚科の先生から、こんな宣告を受けました。

「あなたのアトピーは一生治りませんから、薬とうまくつき合って、アトピーをコントロールしていくことを考えてください。」

最初は、軽い湿疹程度で、皮膚科で薬をもらえばすぐに治ると思っていましたので、まさか自分が、その薬を手放せない身体になって、こんな宣告を受けることになるとは夢にも思っていませんでした。

一般的な皮膚科での治療は、主にステロイドによる薬物療法が中心となりますが、日本皮膚科学会のガイドラインにも示されているように、なかなかアトピーを完治させうる治療法が無く、対症療法を根気良く続けていくしか無いのが現状です。

以下、日本皮膚科学会のガイドラインからの引用

『アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり疾患そのものを完治させうる薬物療法はない。よって対症療法を行うことが原則となる。』

私も実際に皮膚科に通うようになってからは、薬を塗ったときは良いのですが、薬を塗らなくなるとすぐに悪化するということを繰り返していました。

皮膚科での治療に、うすうす限界を感じてはいましたが、先生から言われたこの一言によって、まるで末期ガンの宣告でも受けたかのような絶望的な気持ちになってしまいました。

その後、たった一冊の本との出合いがキッカケで、この地獄のようなアトピーを見事に克服出来るとは思ってもいなかったのです。

松江
アトピー性皮膚炎|私の治療体験

長年アトピー性皮膚炎で苦しみ続けた著者が、あることをキッカケに、わずか数ヶ月でアトピー性皮膚炎を解決することが出来た体験を1冊の本にまとめました。

毎日のようにステロイドを塗り続けて、どんどん深みに嵌まっていく恐怖に怯えていた方や、

生まれたばかりの赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になり、どうして良いかわからずに、右往左往していたお母さんたちが、

その本の内容を実践してアトピー性皮膚炎が快方に向かっていく体験談を、その経過写真と共に公開しています。

多数の体験談の仲には、今現在、アトピー性皮膚炎で苦しんでいるあなたと同じような例もあると思います。

まずは、多くの方の、アトピー性皮膚炎が解決に向かった体験談と、その経過写真を、是非ご覧ください。

アトピー性皮膚炎RSS情報一覧

NEWS色々
... アレルギー抑えるたんぱく質発見 花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギーの発症を強く抑える働きがある細胞表面のたんぱく質(受容体)を、筑波大の研究チームが発見した。マウスの実験で ...
【日々徒然】 もう、ノーベル賞モノだと思うよ。「アラジン1」
... 花粉症やアトピー性皮膚炎などさまざまなアレルギー反応を抑え込むたんぱく質を、渋谷彰・筑波大学教授らが世界で初めて発見した。 このたんぱく質は人間などの生体内にもともとあり、その働きを高める方法がわかれば ...
花粉症やアトピー性皮膚炎などを抑え込むたんぱく質を発見
花粉症やアトピー性皮膚炎などさまざまなアレルギー反応を抑え込むたんぱく質を、渋谷彰・筑波大学教授らが世界で初めて発見した。 このたんぱく質は人間などの生体内にもともとあり 、その働きを高める方法がわかれば ...
水の音が奏でる和の空間 「ことの葉」
花粉症やアトピー性皮膚炎などさまざまなアレルギー反応を抑え込むたんぱく質を、筑波大の渋谷彰教授の研究班が世界で発見したとのニュースを見ました。 このたんぱく質の発見により、ほとんどのアレルギー反応を抑えられ ...
アレルギー症状を抑制する分子。
アレルギー症状を抑制する分子。 花粉症やアトピー性皮膚炎など、日本の 国民の約3割が何らかのアレルギーの 症状に悩まされている。 そのアレルギーの症状を抑制する分子を 発見したと、筑波大の渋谷教授らがアメリカ の科学誌で発表した。 ...
アレルギーの抑制分子を発見 筑波大教授らが発表
アレルギーの抑制分子を発見 筑波大教授らが発表 花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの発症を抑える分子を突き止めたと、渋谷彰筑波大教授(免疫学)らが6日付の米科学誌ネイチャーイムノロジー電子版に発表した。 ...
アレルギー反応ほとんど抑制…アラジン1発見
花粉症やアトピー性皮膚炎などさまざまなアレルギー反応を抑え込むたんぱく質を、渋谷彰・筑波大学教授らが世界で初めて発見した。 このたんぱく質は人間などの生体内にもともとあり、その働きを高める方法がわかれば ...
生きる土台は・・・
... また、乾燥させたものを布袋に入れて入浴すると、冷え性、更年期障害、生理不順、腰痛、アレルギー性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚病、ニキビ、吹き出物によいそうです。 さらに、リラックス効果があり、血行を良くして新陳代謝を高めるとともに ...
アレルギーを抑える分子
ぜんそくやアトピー性皮膚炎、花粉症などアレルギー症状を抑える分子を、渋谷彰・筑波大教授(免疫学)らが発見した。この分子の働きを強めることができれば、さまざまなアレルギーに共通する薬の開発につながる可能性がある。 ...
アレルギー反応ほとんど抑制…アラジン1発見 アトピー性皮膚炎
アトピー持ちの自分にはこれはうれしい、早く実用化してほしい。 そんなに自分は重いほうじゃないけどあの痒さはほんとうに切ない。 寝ている時に無意識に掻いていてそれで起きてしまうというあの体験はアトピー持ちじゃないとわからないだろう。 ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119