北海道

アトピー性皮膚炎を克服出来るようになったキッカケ

私がアトピー性を発症してから7年経過したある日のことですが、私は通院していた皮膚科の先生から、こんな宣告を受けました。

「あなたのアトピーは一生治りませんから、薬とうまくつき合って、アトピーをコントロールしていくことを考えてください。」

最初は、軽い湿疹程度で、皮膚科で薬をもらえばすぐに治ると思っていましたので、まさか自分が、その薬を手放せない身体になって、こんな宣告を受けることになるとは夢にも思っていませんでした。

一般的な皮膚科での治療は、主にステロイドによる薬物療法が中心となりますが、日本皮膚科学会のガイドラインにも示されているように、なかなかアトピーを完治させうる治療法が無く、対症療法を根気良く続けていくしか無いのが現状です。

以下、日本皮膚科学会のガイドラインからの引用

『アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり疾患そのものを完治させうる薬物療法はない。よって対症療法を行うことが原則となる。』

私も実際に皮膚科に通うようになってからは、薬を塗ったときは良いのですが、薬を塗らなくなるとすぐに悪化するということを繰り返していました。

皮膚科での治療に、うすうす限界を感じてはいましたが、先生から言われたこの一言によって、まるで末期ガンの宣告でも受けたかのような絶望的な気持ちになってしまいました。

その後、たった一冊の本との出合いがキッカケで、この地獄のようなアトピーを見事に克服出来るとは思ってもいなかったのです。

北海道
アトピー性皮膚炎|私の治療体験

長年アトピー性皮膚炎で苦しみ続けた著者が、あることをキッカケに、わずか数ヶ月でアトピー性皮膚炎を解決することが出来た体験を1冊の本にまとめました。

毎日のようにステロイドを塗り続けて、どんどん深みに嵌まっていく恐怖に怯えていた方や、

生まれたばかりの赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になり、どうして良いかわからずに、右往左往していたお母さんたちが、

その本の内容を実践してアトピー性皮膚炎が快方に向かっていく体験談を、その経過写真と共に公開しています。

多数の体験談の仲には、今現在、アトピー性皮膚炎で苦しんでいるあなたと同じような例もあると思います。

まずは、多くの方の、アトピー性皮膚炎が解決に向かった体験談と、その経過写真を、是非ご覧ください。

アトピー性皮膚炎RSS情報一覧

ドイツ・マリエン薬局
... そしてこちらが完全無農薬栽培で、あせも、湿疹・アトピー性皮膚炎、にきび、赤ちゃんのおむつかぶれ、切り傷・擦り傷・虫刺され・日焼けあとなどの皮膚のトラブルに最適な オーガニック・カレンデュラチンキ 。 ...
シクロスポリンの薬の使い回しをしないように
... 西洋医学では、ネフローゼや乾癬、最近では難治性のアトピー性皮膚炎にも使われるシクロスポリン系の薬は、免疫抑制剤の一種です。中国では、環素(フアンバオス)と呼ばれていて、新山地明、田可、新賽斯平などの商品名で流通しています。 ...
それは美白対策?UV対策?|第2回|
... ご存知ですか? ■肌と身体 ┠ アトピー性皮膚炎 ┠ アレルギーマーチ ┠ 肌の仕組みと機能 ┠ 肌のターンオーバー ┠ 乾燥肌のニキビ ┠ 冷え性 ┗ シワ、シミ予防 ■ 肌の悩み ┠ 敏感肌 ┠ 乾燥肌 ┠ 混合肌 ┠ 硬化肌 ┠ 肌荒れ ┠ しみ ┠ シワ ...
偶然のゴール、感激でした。 & ステロイド外用剤
... □■□■□■□■□ 医療ナビ:ステロイド外用剤 アトピー性皮膚炎の薬。怖いイメージは誤解。 ◆ステロイド外用剤 アトピー性皮膚炎の薬。怖いイメージは誤解。 ◇しっかり塗り炎症消す ◇症状に応じ 強さ、期間調節 高い効果 ...
「歯科医からみた電磁波障害」
... 歯のかみ合わせを調整する「咬合治療」により、不定愁訴(慢性の腰痛、頭痛な ど)、顎関節症、アトピー性皮膚炎、リウマチなど全身の様々な疾患を治療。実 業団女子駅伝などスポーツ選手の治療にも取り組んでいる。 ...
梅雨のこの時期、ダニがお肌をボロボロに。
... 生きている ダニ はもちろん、 ダニ の死骸やフンなどが、アトピー性皮膚炎、アレルギーぜんそく、アレルギー性鼻炎などの大きな原因になっているといわれています。 そこまでの症状にならなくても、 ダニ に刺されることは頻繁にあります。 ...
第61回 日本東洋医学会学術総会
... 福岡県の飯塚病院東洋医学センターの木村豪雄・漢方診療科部長 は、同病院に伝わる口訣として ▽難治性のアトピー性皮膚炎には、冷えが隠れていることがある ▽へそを中心に冷えているときは、大建中湯を考える などを挙げた。 ...
皮膚科へ…
ここ最近肌荒れが酷くて、とうとう観念して病院に行きました。 実は僕、アトピー性皮膚炎で中学生の時に通院してた事があるんですよ。 お菓子とか食べ過ぎたりすると、すぐにまぶたの辺りが赤くなったりして ...
トランスファットってやつは…
... 認知症になる可能性大 、排泄するための代謝に、大量のビタミンとミネラルを消耗する、ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の原因になる、血圧を上げる、妊娠率を低下させる!』 ということらしいです。 恐ろしいですね・・今すぐやめ ...
アトピー
子供のころから皮膚が弱くて、肌荒れを起こしていたんですが それが アトピー性皮膚炎 だと言われたのが10年ぐらい前 アトピー性皮膚炎って子供がなるものだと思っていましたが 成人でもなるってことをその時に知りました 子供のアトピーは ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119